オタクでもミニマリストになれる!ミニマルライフを手に入れるまで。

オタクでもミニマリストになれる

オタクだからミニマリストになれない

グッズの多さからミニマルな生活を諦めてしまう人、多いと思います。

私は2年前からミニマリストを目指し始め、手放したグッズは500個以上

掃除も管理も大変だったオタク部屋から一変、シンプルで快適な部屋に生まれ変わりました。

現役オタクなのにどうやってグッズを手放せたのか?

グッズとの向き合い方や、手放し方法を紹介していきます。

つきみ

推しがいても諦めないで。

目次

はじめに

オタクにとってグッズは宝物。いきなり手放せるはずがありません。

服や消耗品を処分するのとはワケが違いますよね。

はじめに、なぜグッズを手放せないのか?

グッズを買い続けた理由、捨てられない理由から向き合っていきましょう。

つきみ

手放したあと後悔しないために!

オタクがミニマリストになるまで

グッズとの向き合い方から実際に手放すまで、順番に解説していきます。

①グッズ量=推しへの愛ではないことを知る

オタクグッズを手放せない理由と向き合う

ライブやイベントの度に大量のグッズを買っていたかつての自分。

推しに投資している気持ちで金銭感覚も狂っていました。

「こんなに貢いでいる自分はすごい!」とさえ思っていたほど。

ですが、グッズ量や貢いだ金額ではなく「好き」の気持ちこそが「推しへの愛」なはず。

つきみ

好きな時点で「ファン」ですよね。

②SNSで戦利品自慢を見ない

戦利品を共有したかった

グッズを買ったら会場で見せあったりSNSに投稿するのが当たり前。

欲しい気持ちより、買うことを使命のように感じていました。

デザインが好みでなくても買っていたグッズ、正直たくさんあります。

本当に欲しいと思うグッズを判断できるようになるまで、オタクアカウントはなるべく見ないようにしました。

③費やしたお金&時間と決着をつける

費やしたお金

手放しにくい理由の一つが、費やしたお金と時間

今までグッズ代やライブ遠征費にいくら費やしたのか?恐ろしくて計算できません。笑

手放すのがもったいないループに陥った時は、「過去の推し活」は「過去の自分」を幸せにしてくれた、と思うことにします。

グッズを手放すことに罪悪感を感じるのではなく、感謝の気持ちを持つことで気持ちが随分と楽になりました。

ライブツアー全通した話

④まずは売ってみる(メルカリ・駿河屋)

捨てるより売る

いざグッズを捨てるとなると判断に迷ってしまいますが、売る場合は手放すハードルが低くなります。

私が利用したのはメルカリと駿河屋のかんたん買取。

欲しいと思う人に譲れてお金も手にできるので、活用しない手はありません。

メルカリ出品のコツを紹介

駿河屋のかんたん買取レビュー

⑤漫画は電子書籍に切り替える

漫画はすべて電子書籍に切り替えました。

紙に比べると最初は読みにくさを感じたものの、慣れてしまえばすっかり電子派に。

電子書籍のメリット

  1. 場所を取らない
  2. スマホがあればいつでもどこでも読める

場所を取らずどこでも持ち運べるところが電子最大の魅力!

大量の漫画を物として所有せずに楽しめる電子書籍はミニマル生活におすすめです。

おすすめ電子書籍

⑥円盤は配信やサブスクに切り替える

円盤はサブスクへ

数あるグッズの中でも比較的手放しやすいのが円盤。(CD、DVD、Blu-ray)

CDはPCに音源を取り込んで保存。配信やサブスクを利用するようになりました。

おすすめ動画配信サービス

つきみ

円盤は7枚だけ残しています。

⑦推しは推したいときに推す

推しは推したいときに推す

寝ても覚めても推しに夢中、新しいグッズが出れば欲しい、四六時中推しのことだけ考えたい!

そんな時はとことん夢中になればいいと思うんです。

かつてそんな状態だった私にミニマル生活をおすすめしたところで、絶対聞く耳を持ちません。笑

時間が経って熱が落ち着いて、自分の生活やお金周りのことを見直そうと思った時がチャンス。

ミニマリストになろうと思ったきっかけ

⑧別垢をつくる

別垢を作る

SNSの活用方法としておすすめしたいのが、別垢を作ること!

私は以前オタ活のTwitterアカウントをメインに活用していましたが、思い切って新しいアカウントを作りました。

「オタクだけどミニマリストを目指したい」をテーマに投稿していくと、オタクに限らず捨て活を頑張っている人がすごく多くてビックリ…!

片付け意欲のモチベーションが爆上がりしましたフォロワーさんのお部屋や捨て活を見て刺激をもらっています。

つきみ

フォロー大歓迎!

⑨自己流「推しのいる生活」を楽しむ

推しのいる生活

大量のグッズを手放したことで訪れた変化は、時間と心の余裕です。

きれいな部屋は掃除が一瞬で終わるため、以前より推し活を楽しむ時間が増えました。

ミニマリストを目指しても、推しの存在は必要不可欠。

人と比べることなく、自分なりの「推しのいる生活」を楽しむことができたら、リバウンドせずにきれいな部屋をキープできるのではないでしょうか。

おわりに

ミニマリストの部屋

大事にしたいのは物ではなく、「好き」の気持ちと「思い出」。

たくさんグッズを手放しましたが、楽しかったライブやイベントの思い出、推しからもらった沢山の幸せはずっと心の中に残っています。

持ち物が多くても「オタクだから」と諦めず、ミニマル生活を目指してみようかな?と思った時の参考になれば嬉しいです。

つきみ

推しのいる生活は楽しい♪

オタクグッズの片付け記事はこちら

\よろしければポチッと応援お願いします/

つきみにまる。 - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる