防災セットDefend Future レビュー【もしもの備えに】

防災グッズを一から揃えるのは大変です。何から準備したらいいのか分からず先延ばしにしがち。

私自身「いつかちゃんと準備しよう…」と適当な備蓄しか持っていなかったため、を購入しました。

防災士が被災者の声から作った、3日間生き抜くための防災セット

買ったことでこれほど安心できるならもっと早く買うべきでした。

追加で必要な物を買い足したり、防災に対する意識も高まります。

今回は、私が選んだの中身レビューと、追加で入れた物を紹介します。

まだ防災グッズを揃えていない方、参考にしてみてください。

つきみ

ミニマリストであっても「もしもの備え」は必要!

この記事はこんな人におすすめ
  • 防災グッズを揃えたい
  • 防災セットの中身を知りたい
  • 新生活に向けて防災セットを探している
  • ミニマリストが持つ防災備蓄に関して興味がある
目次

ミニマリストの防災事情

ミニマリストと防災グッズ

私にとって防災の備えは「必要な物」として捉えているため、他の物とは切り離して考えています。ミニマリストは生き方の一つであって決まりやルールはありません。

物を減らしたことで防災グッズを置くスペースができた!ミニマリストこそ防災グッズを持ちやすいのでは?

つきみ

地震に限らずいつ何が起こるか分からない時代。備えがあった方が安心できます。

【Defend Future】防災セット(1人用)購入した理由

Defend防災セット
出典:Defend Future 防災士監修 防災セット

防災セットを調べると色んなメーカーが出てきます。ここで迷いすぎたら一生決まりません。

私が選んだ理由を簡単にまとめました。

  1. 一気に揃えられる(防災士監修)
  2. 食料品が入っている(日本製)
  3. 非常用トイレが3回分
  4. 水のいらないシャンプーがある

防災士監修の防災グッズが一気に揃うことが一番の決め手。全部自分で揃えようとすると時間も労力もかかります。

安い防災セットは食料品が入っていなかったり、非常用トイレが1回分しかない物もあります。非常用トイレ3回分、水のいらないシャンプーなど衛生用品の豊富さも魅力でした。

つきみ

私が購入したのは1人用ですが、2人用もあるのでご家族住まいの方にもおすすめです。

1人用

2人用

【Defend Future】防災セット(1人用)開封

Defend防災セット開封

想像より大きめの段ボールで届きました。

リュックの中は空。防災用品と分けられて入っています。使い方や賞味期限を確認しながら、敢えて自分でリュックに詰めるスタイル。

箱からすべて取り出しました

Defend防災セット中身レビュー

こうして広げて一つ一つチェックしていくことで、自分の防災リュックを作る意識を高めることができます。

【Defend Future】防災セット(1人用)リュック

外側はシンプルで落ち着いたネイビー。部屋にこのまま置いても馴染みます。

仕様

Defend防災セットのリュック

撥水加工のため雨の日も安心。フロントには反射材が使用されています。

Defend防災セットのリュック内側

内側はかなり明るいオレンジです。薄暗いところでも中の物が探しやすそうな発色ぶり。

Defend防災セットのリュック背中

背中やサイドにもポケットが付いていて収納力は抜群。

サイズ・容量

  • サイズ:W30.5×H48×D17cm
  • 容量:22L
  • 重量:925g

スペックを見るとそれほど大きくなさそうに見えますが、山登りやアウトドアとは無縁の生活を送っているため大きめに感じました。

全部入れて背負ってみた

Defend防災セットの中身

全部入れても半分以上あきスペースがあります。これなら全然余裕〜と思って背負ってみたら想像以上に重い…!

つきみ

身長153cmの標準体型、平均女性より小柄です。

男性なら問題なさそうですが、小柄の女性は重く感じると思います。ここから必要な物・不要な物・追加する物を考えて調整していくことが大事ですね。

【Defend Future】防災セット(1人用)中身

防災用品を一つずつ、順番に紹介していきます。

ダイナモラジオライト

ダイナモラジオライト開封レビュー

さまざまな機能がついている万能防災グッズ。実際に使ってみました。

LED懐中電灯

ダイナモラジオライト点灯

夜に真っ暗な部屋でつけてみました。十分な明るさ!

ダイナモラジオライト点灯
※フラッシュ無し、ナイトモード無しで撮影

光の範囲が広く、部屋全体が見えるのが分かります。外へ逃げるのも問題なさそうですね。

緊急サイレン

ダイナモラジオライトレビュー

取手部分にサイレンボタンがあるので試しにスイッチONにしてみました。

\ウーーーーー!!!!/

慌てて即座に切りました。笑

緊急時以外では鳴らせないレベルの大音量…!埋もれても気づいてくれる音であることが分かりました。

つきみ

サイレンにするとライトが赤く光ります。(音が鳴り続けるため撮影断念)

充電方法①:USB

ダイナモラジオライト充電

USB充電、乾電池、手回し発電に対応しています。まずはUSB。充電確認ランプが赤く光ります。

ダイナモラジオライト充電

手持ちのモバイルバッテリーでも充電できました。勿論、PCでも充電できます。

充電方法②:乾電池

ダイナモラジオライト乾電池

単三電池3個で充電できます。電池は付属していないため、準備する必要があります。

充電方法③:手回し発電

ダイナモラジオライト手回し発電

USB充電も電池も切れてしまった場合、手回しで発電することができます。

つきみ

3つの手段で充電できるのは安心!

モバイルバッテリー機能

ダイナモラジオライト充電スマホ

各スマホ対応の変換アダプタが付属しています。

ダイナモラジオライトiPhone充電

早速ライトニングのアダプタをiPhone12に装着して試してみると、無事に充電できました!

つきみ

モバイルバッテリー自体もリュックに入れる予定ですが、予備があると思うと安心できます。

ラジオ(FM/AM)

ダイナモラジオライトFMAM

非常時はテレビ、電源が確保できないため情報収集はラジオ。これ一台でラジオまで聴けてしまうのは有り難いです。

水・ウォータータンク

Defend防災セットの食料品
  1. 非常用5年保存水(500ml)4本
  2. ウォータータンク 10L

保存水は4本、合わせて2L。ウォータータンクは10L水を入れることができます。水は何より大事!

つきみ

3日間で2Lは少ないですが、1人で持ち運べる量となると2Lが限界かもしれません。

食料品

Defend防災セットの食料品
  1. アルファ米:尾西の白飯
  2. アルファ米:尾西の五目ごはん
  3. アルファ米:尾西の田舎ごはん
  4. ハウス食品LLヒートレスカレー
  5. パワーブーストようかん

ハウス食品のカレーがある安心感、半端ない!

ご飯類は「亀田製菓」のグループ会社「尾西食品」のアルファ米。水かお湯をかけるだけで食べられます。

つきみ

ご飯はスプーンが付いているので食器不要。

ようかんは手を汚さずに食べられるスティックタイプ。ファスナー付きの袋が親切!

エイドクルー救急セット

Defend防災救急セット
  1. 救急セットケース
  2. はさみ
  3. ピンセット
  4. 爪切り
  5. 爪やすり
  6. 耳かき
  7. 絆創膏
  8. 綿棒
  9. カット綿
  10. ワンタッチ包帯

小さいケースの中にこれだけの救急グッズが入っていました。爪切りまであるのは有り難いですね。

トイレ用品

Defend防災セットトイレ
  1. 非常用トイレ3枚セット
  2. ポータブルウォシュレット

トイレは3回分。一晩は過ごせますが、3日となると少ないのでもう少し足した方が良さそうです。

衛生用品

Defend防災セット衛生用品
  1. 5年保存ウェットティッシュ
  2. 携帯洗濯セット
  3. 5年保存ボディタオル
  4. シャンプーウェット手袋
  5. 歯ブラシ

ウェットティッシュは使わなくても乾いてしまうので5年保存できるのは安心できます。水のいらないシャンプーウェット手袋、初めて見ました!

その他防災用品

Defend防災セット避難生活
  1. ホイッスル
  2. アルミブランケット
  3. 目隠しポンチョ
  4. エアーマット

助けを呼ぶホイッスルの他に、避難所生活を想定した防災用品も入っていました。

防災IDカード・チェックシート

Defend防災セット防災IDカード
Defend防災セット持ち物リスト
  1. 防災IDカード
  2. 内容品一覧
  3. 追加物チェックシート

「防災IDカード」は身元情報や緊急時の連絡先を記載するカード。手のひらサイズに折りたたんで持ち運べるようになっています。

これは一人暮らしにとってはかなり重要!喋れない、動けない、意識が無い状態に陥った時に命を左右するカードになります。

つきみ

早速書き込みました。防災セットが届いてから確認することが沢山!

防災リュックに追加したもの

足りないと感じた物を追加しました。

衛生用品・充電器・お菓子

Defend防災セット追加の持ち物
  1. 生理用品
  2. おしりセレブ
  3. マスク
  4. ヘアゴム
  5. 歯みがきシート
  6. モバイルバッテリー
  7. ケーブル
  8. イヤホン
  9. 単三電池
  10. お菓子

女性の場合、生理用品は絶対に必要。「おしりセレブWET」は遠征用に元々持っていて、防災用に買い足しました。

モバイルバッテリーはアンカー。防災用に限らず、1回分の充電では不安なので10000mAh以上の容量を持つようにしています。

写真には載っていませんが、防災ポーチを作るときに購入した携帯トイレも追加しました!

防災ポーチの記事

貴重品入れ

万が一、防災リュックを持って逃げられない緊急事態に備えて首にかけられる貴重品入れを準備しました。

防災ポーチ貴重品
  1. 貴重品ポーチ
  2. お金(小銭・千円札)
  3. 防災IDカード・身分証コピー
  4. メモ帳
  5. ペン

ホイッスルを付けて、防災IDカードとお金も入れました。身分証のコピーも合わせてジッパー袋に入れておきます。

防災ポーチ貴重品

グッズのチケットホルダーしか持っていなかったので、薄型軽量のパスポートケースを購入しました。

タオルや衣類など

GLAYタオル

タオルはGLAYグッズ。実用性を伴うなら、心のよりどころになる推しグッズを入れておきたい。

つきみ

オタク向けの防災グッズ出ないかな…

防災セットを買って見えてきた課題点

  1. 足りない物を入れるとどんどん重くなる
  2. 2次用の備蓄の見直しが必要

重さに関しては、防災セットを買わないと気づけませんでした。あれもこれもと入れてしまうとリュックが重くなる一方。よく考えて仕分けをする必要があります。

これを機に、持ち出し以外の備蓄の見直しもしていきたいと思います。

防災セットは地震の度に品切れになる

Defend Futureの防災セットは通常であれば注文後2〜3日で届きます。ところが2021年2月13日に発生した福島県沖地震の後、入荷が3月中旬に!(納期1ヶ月)

注文が殺到したのでしょうね。買えなくなる前に準備しておくことをおすすめします。

つきみ

いざという時は明日やって来るかもしれません。

防災セットを買ってよかった!

Defend防災セットレビュー

は初めて防災グッズを揃える方や、新生活をする方にもおすすめの防災セットです。

いつやって来るか分からない「もしも」の備え、始めてみてはいかがでしょうか。

つきみ

整理中のオタクグッズがあれば活用しよう!

防災ポーチ作りました!

\よろしければポチッと応援お願いします/

つきみにまる。 - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる