ダンボール収納をやめた理由【メリットとデメリット】

段ボール収納やめた理由

段ボールは手軽に物を収納できて便利ですよね。

これまで深く考えずに段ボールを収納として使っていたのですが、すべて処分することにしました。

理由は、虫の住処になると知ってしまったから…!

虫が大嫌いなので、少しでも虫が寄ってくる要素は排除したい。むしろ徹底的に無くしたい。

そんなわけで今回は、段ボール収納のメリット&デメリット、実際に処分した段ボールについてお話しします。

つきみ

虫嫌い必見!本当はこわい段ボール収納のお話。

目次

段ボール収納のメリット

段ボール収納のメリット

段ボール収納は便利さゆえに、メリットしか見えていませんでした。収納に使っていた理由からみていきましょう。

段ボール収納のメリット
  1. 経済的
  2. 軽い
  3. 捨てやすい

通販で届いた段ボールをそのまま収納に使えばタダ。も、プラスチックケースに比べると非常に安く手に入ります。

紙なので軽く、可燃ゴミとして簡単に捨てることができる。

段ボールは、コスト面では優れた収納です。

段ボール収納のデメリット

一方、段ボール収納の恐るべきデメリットをまとめました。

虫の住処になる

段ボール収納のデメリット

段ボールは保温性が高く、吸湿性に優れた構造で作られています。断面のギザギザした空気層が、暖かい環境を作る要因。

暖かい×湿気は、虫にとって最高の住処となってしまいます。知らぬ間に卵を産みつけられて、虫が大量発生する可能性も…

つきみ

考えただけで恐ろしい!!!!

どんなに注意しても、段ボール自体を処分しない限り不安は消えません。

虫対策については、こちらの記事で具体的にまとめています↓

カビ発生の原因になる

段ボール収納のデメリット

保温性と吸湿性の高さは、虫だけでなくカビが発生する原因にもなります。

現在住んでいる一人暮らしの部屋は、定期的にクローゼットを換気しているのでカビ発生は免れています。

ですが、実家では段ボールに収納していた服がカビ臭くなった…という経験がありました。

中身が見えない

段ボール収納のデメリット

中身が見えず取り出しにくい収納ほど、放置しがち

引っ越した時のまま放置して、何が入っているか覚えていない!なんて人もいるのではないでしょうか。

処分した段ボール収納と中身、処分方法

実際に処分した段ボールと、中に入れていた物、処分方法をまとめました。

【処分①】オシャレなバンカーズボックス

バンカーズボックス

白くてデザイン性の高い、

部屋に置いても違和感がないオシャレな箱なので、何年も収納として使っていました。

クローゼットと部屋、合わせて6箱…入れていたのは、オタクグッズ、アルバム、思い出の物、雑誌、書類など。

箱を処分するには中身を減らさないことには始まりません。オタクグッズはメルカリや駿河屋で手放し、写真や書類も最小限に減らしました。

オタクグッズの処分は駿河屋がおすすめです↓

グッズは無印の収納ケースに

オタクグッズの収納

段ボール収納をやめて、にグッズや小物をまとめています。

一人暮らしミニマリストのクローゼットの中身はこちら↓

書類は無印のファイルボックスに

無印ファイルボックス

に入れていた雑誌や漫画もすべて処分。必要な書類だけ残して、に収納し、取り出しやすくしています。

【処分②】グッズ通販の箱

段ボール収納グッズ

ライブグッズ通販の段ボールは、アーティストのロゴが入っているので処分しづらいですよね…

グッズに合わせた専用箱でサイズもジャストフィット。

限定グッズの専用箱

段ボール収納グッズ
GLAYグッズ:グレリョーシカ

限定盤ブルーレイの専用箱

段ボール収納円盤

場所を取るグッズの箱、何個もクローゼットに置いていました。

今まで無意識に溜め込んでいましたが、グッズを減らしながら少しずつ処分。虫の好物とはおさらばしました。

【処分③】家電の外箱

段ボール収納ビエラ

以前は、引っ越しに備えて家電の箱を取っておく派でした。

完璧な梱包で運べて安全!と思っていたのですが、そもそも「」引っ越しの予定がないんですよね。

基本的に家電は壊れるまで使うことがほどんど。売る機会がなく、外箱を取っておく必要性を感じないため全て処分しました。

パソコンや家電の処分はリネットジャパンがおすすめです↓

段ボールの代わりに使う収納ケース

段ボール収納を処分する際、一番の理想は中身自体も手放すこと。ですが、完全に中の物を空っぽにするのは難しいですよね。

そんな時は、がおすすめ。

中身が見える透明、あるいは取り出しやすい引き出し収納にすると、管理しやすくなります。

折りたたみできるコンテナ収納

無印良品 ポリプロピレン収納

おわりに

目を背けていたデメリットを知ることで、段ボールを処分するきっかけになるのではないでしょうか。

段ボールのデメリットまとめ

  1. 虫の住処になる
  2. カビ発生の原因になる
  3. 中身が見えず放置する

段ボール収納の見直し

  1. 段ボールの中身を処分する
  2. 通販の箱はすぐに処分する
  3. 家電の箱は必要ない
  4. プラスチック収納に変える

私はとにかく虫が嫌いなので、潔く捨てる決断に至りました。なんとなく放置して虫の住処になってしまったら…と思うとゾッとします。

段ボール収納を見直して、清潔空間を手に入れましょう!

つきみ

これからの季節は特に注意したいですね。

収納方法の関連記事はこちら

\よろしければポチッと応援お願いします/

つきみにまる。 - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次